>ホーム >大塚ターフテックについて
 大塚ターフテック株式会社は、大塚ホールディングスを筆頭に、大塚製薬大塚製薬工場大塚化学大鵬薬品大塚食品アース製薬など日本国内および海外の事業所、関連会社を含めると176社にも及ぶ大塚グループの一社です。 グループ全体の活動として、医薬品、健康飲料、嗜好飲料、化学原料、生活用品、食品、環境整備、家具、等多数にわたる事業を展開しており、そのなかで人工芝生の製造販売を担っています。
商 号 :  大塚ターフテック株式会社
 Otsuka Turftech Co., Ltd.
事業内容 :  人工芝生の製造販売
本社住所 :  〒596-0823 大阪府岸和田市下松町1256番地
電話番号 :  072-427-4781(代表)
代表者 :  代表取締役社長    原 眞澄
資本金 :  2,000万円
設立年月日 :  2007年3月12日
沿革
1972年 大塚家具工業株式会社が大塚ポリケミカル株式会社を合併
岸和田工場(現大塚ターフテック)とし、カーペット、人工芝の生産販売開始
1984年 1月1日大塚化学薬品株式会社と合併し、家具事業部を新設
岸和田営業所として人工芝生部門を拡大
2002年 9月1日大塚化学株式会社がホールディング化により分社
(旧)大塚化学ホールディングス株式会社100%出資にて大塚家具製造販売株式会社を設立
人工芝生部として活動
2007年 大塚家具製造販売(株)の100%出資子会社として大塚ターフテック株式会社を設立
2014年 大塚家具製造販売(株)から株式譲渡により大塚化学(株)の100%出資子会社となる