>ホーム >プロダクト紹介 >スーパーターフ
日本サッカー協会公認ロングパイル人工芝
 
スーパープレイを生み出す芝力・・・ロングパイル人工芝生『大塚スーパーターフ』
定評ある大塚の人工芝生開発技術でつくられたスーパーターフは、ロングパイル+目砂&ゴムチップとのバランスよい組み合わせで、天然芝志向の期待に応えたグランド用人工芝生です。適度なクッション性が得られるように設定された芝構造と耐久性に優れた素材により、サッカー、フットサル、アメリカンフットボール、ラグビー、野球など激しいスポーツでのスーパープレイの実現を可能にし、プレイヤーから高い評価を得ています。
芝糸に耐候性ポリオレフィン・モノフィラメントを使用したST-60MFと芝糸の形態の異なる耐候性ポリオレフィン・スプリットヤーンを使用したST-60RSの2つのタイプがあります。
中部大学/ 愛知県
メイングラウンド(ST-60MF)
中部大学/ 愛知県
サブグラウンド(ST-60MF)
中部大学/ 愛知県
メイングラウンド(ST-60MF)
サブグラウンド(ST-60MF)
日本航空浦安寮/ 千葉県
グラウンド(ST-60RS)
【構造】
天然芝の風合いと優れた耐久性を実現
60mmの芝丈に加え、柔らかな特性を持つポリオレフィンを芝葉糸に使用したスーパーターフは天然芝に近い感触でプレイが出来ます。さらに強度と耐久性を保つため、ST−60MFは1本1本独立した太い繊維のモノフィラメント偏平糸、ST−60RSは幅広のシートにカットを入れたスプリットヤーンで仕上げ。長期間の使用にも退色やヘタリも無く、いつまでも美しいグランドを維持できます。
くっきりと映えるラインとマーキング
ロングパイルは芝葉糸の表面積が広いので埋め込みによりラインやマーキングは明瞭に識別でき、プレイがしやすくジャッジメントも正確に行えます。いつまでも美しく、はっきりとしたラインを維持できます。
本格派プレイヤーのための理想のクッション性
大塚スーパーターフは、ロングパイルの特性と充填材のバランスよい組み合わせで、理想のクッション性を可能にしました。ボールのバウンドしすぎや転がりすぎるのを衝撃吸収効果でコントロールし、自然な感覚でプレイができます。また、プレイヤーにとっては激しい動きでおきる足腰への負担を軽減し、果敢なプレイでの怪我やアクシデントを防ぎます。
優れた透水能力、降雨後のプレイも安心
透水能力の高い基布の使用で雨水が溜まりにくく、小雨程度のコンディションではプレイに支障をきたしません。降雨後は素早い排水効果を発揮・・・スピーディにフィールドコンディションを回復させます。
安全性と快適プレイをお約束
グランド用人工芝生は柔らかいほど転倒時などの安全性に優れていますが、柔らかすぎると【走る】【止まる】などの運動動作に支障がでます。大塚スーパーターフは運動性能の硬さ試験で快適な運動性能を示すと共に、転倒衝突時の最大加速度Gが低く、安全性については高い評価を得ています。
性能評価試験
●衝撃吸収性(衝撃応答率)           50〜60%
●ボール反撥係数
        軟式野球ボール          0.47〜0.53
        公式野球ボール          0.35〜0.39
        サッカーボール           0.53〜0.56
事前施工試験による最適仕様決定のおすすめ
下地基盤などの異なる条件において最適なかたさを得るため、本施工前にテストスペースによる(かたさ評価)の実施をお勧めします。数値化された指標をもとに、使用材料の選定が確実に行えます。
【標準仕様】
ST-60MF ST-60Rs
素 材 超耐候性ポリオレフィン・
モノフィラメント
超耐候性ポリオレフィン・
ワイドスプリットヤーン
パイル長さ 60mm
基布 合繊綿付ポリプロピレン織布
パッキング SBRコーティング
サイズ 幅3.66mまたは4m×指定長
色相 グリーン
充填材 特殊調整珪砂+ゴムチップ
対環境性  ・重金属を使用せず